組織概要

Syphon事務局のメンバー


 

栗林 俊行 (Toshiyuki Kuribayashi)

オクラホマシティー大学大学院教育学英語教授法修士課程(M.A in TESOL)
TOEIC970点。
第一種高等学校英語教員免許
TEAP(アカデミック英語能力判定試験)試験管

英語教材共有プロジェクト
Syphon代表

企業、大学英語研修講師/翻訳者。日立、三菱グループ会社など、全国の企業において英語研修サービスを行い、主にTOEIC、Emailライティング、ビジネス英語などを教えている。また、明治大学や学習院大学などのオープンカレッジにおいてもクラスを担当。

予備校の受験対策から一般の英会話学校など、様々な形態の学校で教えた経験から、世の中には、沢山の優れた英語の「教材」や「教え方」、「学び方」があることを痛感する。それらをできる範囲で互いがインターネットで共有しあい、適材適所で講師や学習者が利用することが、英語教育への貢献につながれば、という思いからウェブサイト「Instructor Note」を設立。都内で英語学習サークル「Syphon English」も運営している。

元FMラジオ局のアナウンサー(J-WAVE,Inter-FMなど)。英会話番組のDJ、監修、海外著名人のインタビュー、通訳から、CMなどの英語ナレーションなども多数こなしている。

 

中村 亘(Wataru Nakamura)

東京外国語大学外国語学部欧米第二課程
第一種高等学校英語教員免許

英語教材共有プロジェクト
Syphon共同創設者

組織の運営・教材の作成・ウェブサイトのデザインを担当。

 

石井 ロイ(Roy Ishii)

I was born in Yokosuka, Japan but moved to Seattle, USA at the age of 3. I fell in love with music before university and spent 5 years at the University of Idaho studying percussion and composition. Following university I worked on a cruise ship for half a year as the drummer of the ship. After that, I played in a semi-pro soccer league training to become a professional player. Plans fell through and I went on a 6 week backpacking trip through Morocco and Europe. In 2011, I moved to Japan to start a new adventure in a different country. I spent 2 years working at Berlitz and finally became a freelance English teacher in 2013. I’m now pursuing one of my passions to provide quality English material through creative ways.

音声教材の作成・校正を担当。

 

Chris Fritz

I was born and raised in the United States, and came to Japan for the first time in 2008 to travel. Among the many things I enjoyed about Japan was the Japanese language. By studying just a little bit of kana the characters around me suddenly had a sound, and sometimes a meaning I could understand. It was exciting to see the world open up and become something I could interact with, just by remembering some simple characters and words. I came back to Japan later as a student of Japanese, and found that that same excitement kept me motivated at every stage I reached. I realized later I had fallen in love with language learning.

I joined Instructor Note to support the teachers who make language learning fun and accessible. Some teachers operate like an island in their own subjects, creating masterpiece lessons and teaching resources that eventually get filed away, never to be seen except by those fortunate enough to have taken the class. My goal is to help those instructors get recognition for their work, and at the same time raise the bar for language education quality.

アメリカで生まれ育って、2008年に初めて旅行で来日しました。日本という国に触れていく中で、何よりも楽しかったものが日本語です。

かなを少し覚えるだけで、身の回りの文字を音でも捉えられるようにになり、飛躍的に日本語の理解ができるようになりました。「ちょっとした文字や言葉の勉強で、世界が広がっていく」その過程にとても興奮しました。その後、日本語を学ぶために留学生として再度来日しました。どんなに日本語が上達しても、当初の興奮やモチベーションは変わらず、私は知らない間に言語が大好きになっていました。

言語学習を極限まで楽しく、わかりやすく教えている先生方をサポートしたいという思いから、サービス、開発担当メンバーとしてInstructor Note に参加しています。先生によっては、自分の名作のようなレッスンや教材をもっていますが、それを授業で体験できる生徒を増やしていくことができたら幸いです。私の目標は、すばらしい言語教師の皆様が、ふさわしい評価を得るための仕組み作りを支援し、言語教育と学習の基準を高めることです。

サービス開発を担当