利用規約

Instructor note利用規約

この度は、Instructornote.comへお越し頂きまことにありがとうございます。 このウェブサービス(http://instructornote.com/、以下「本サービス」といいます)はSyphon事務局(以下「当団体」といいます)が 運営しております。本サービスをご利用されるお客様(以下「ユーザー」といいます)が本サービスをご利用されるにあたっては、以下の利用規約(以下「本規約」といいます)をお読み頂き、その内容に同意していただく必要があります。

第1条【サービス】
1.本サービスの利用に際してはウェブにアクセスする必要があります。ユーザーは、自らの費用と責任により、その利用に必要な機器・ソフトウェア・通信手段等を用意し適切に用いるものとします。
2.本サービスではユーザーが制作した教材(テキスト、画像、音楽、映像等を含むコンテンツ)を投稿・閲覧する機能の提供を行っておりますが、様々なサービスを追加したり、または変更・削除したりすることがあります。

第2条【個人情報の取り扱い】
当団体は、本サービスの利用に際してユーザーから取得したメールアドレス等その他の個人情報を別途定める「プライバシーポリシー」に則り、適切に取り扱います。

第3条【著作権その他の等知的財産権】
1.当団体が作成した本サービス内のプログラム、当団体が作成した教材等の著作権その他一切の知的財産権(以下、単に「知的財産権」といいます)は、当団体に帰属します。ユーザーは、当該情報を、当団体によって付与されたライセンスの範囲内でのみ利用することができます。
2.ユーザーが投稿した教材に関する知的財産権は、その教材の作者に帰属します。ユーザーは、当該情報を、作者によって付与されたライセンスの範囲内でのみ利用することができます。

第4条【ライセンス】
1.前条のライセンスとは、ユーザーが本サービス上で利用可能な教材(以下「投稿教材」といいます。)を使用(複製、送信、譲渡、二次利用等を含む)する際の条件です。本サービスでは、以下のライセンスが用いられることがあります。

1)クリエイティブ・コモンズ・ゼロ (CC0)
著作権を主張しない場合に使用するライセンスです。第三者が作者に許諾を得ることなく、自由に使用することができます。詳細なライセンス条件は、クリエイティブ・コモンズのウェブサイト上の、当該ライセンスに関する説明(https://creativecommons.org/choose/zero/?lang=ja)をご確認ください。

2)クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは、おおまかには、更に以下の区分に分類されます。
・BY(表示)
・BY-SA(表示-継承)
・BY-ND(表示-改変禁止)
・BY-NC(表示-非営利)
・BY-NC-SA(表示-非営利-継承)
・BY-NC-ND(表示-非営利-改変禁止)

「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」とは、非営利団体「クリエイティブ・コモンズ」が定義しているライセンスです。上記各ライセンスは、指定されたバージョンや指定された地域によって内容が異なることもあります。詳細なライセンス条件は、クリエイティブ・コモンズのWebサイト(http://creativecommons.jp/)をご覧ください。

2.ユーザーは投稿教材を使用(複製、送信、譲渡、二次利用等を含む)する場合、当該教材に付与されたライセンスの条件に従う必要があります。当該条件を超えて使用(複製、送信、譲渡、二次利用等を含む)する場合、当該教材の作者から使用の許諾を得るものとします。

3.ユーザーは、第三者の知的財産権を有する教材を、本サービス上に投稿することはできません。

4.ユーザーが自身の教材に誤ったライセンスを付与し、それによりユーザーに損害が発生した場合でも、当団体は一切の責任を負いません。

第5条【禁止事項】
当団体は、ユーザーが以下の行為を行うことを禁じます。
1)当団体若しくは第三者の知的財産権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為(第三者の知的財産権を有する教材を、本サービス上に投稿することを含みます。)
2)当団体若しくは第三者に損害を与える行為、又は損害を与える恐れのある行為
3)当団体若しくは第三者の財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為
4)公序良俗に反する行為、又はその恐れのある行為
5)他人のメールアドレスを登録するなど、虚偽の申告、届出を行う行為
6)コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用し又は提供する行為
7)迷惑メール又はメールマガジン等を一方的に送付する行為
8)第三者又はサイト運営者に成りすます行為
9)法令に違反する行為、又はその恐れがある行為
10)その他、当団体が不適切と判断する一切の行為

第6条【削除等の措置権限】
1.当団体は、次に掲げる場合、投稿情報の全部若しくは一部を削除し、又はその公開範囲の変更等の措置を行うことができるものとします。
1)猥褻性がありその他公序良俗に反すると当団体が判断した情報である場合。
2)公的な機関又は専門家(国、地方公共団体、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律のガイドラインに規定された信頼性確認団体、インターネット・ホットライン、弁護士等を言います。)からの投稿情報について、違法、公序良俗違反又は他人の権利を侵害する等の指摘・意見表明があった場合。
3)投稿情報について、第三者から権利侵害の主張があった場合、又は当団体が権利侵害があると判断した場合。
4)当団体が、投稿情報が前各号に該当するか否かを判断できない場合で、当該情報の投稿者が不明である場合。
5)当団体が、投稿情報が前各号に該当するか否かを判断できない場合で、当該情報の投稿者に対し、削除その他の措置の可否について連絡を行い、投稿者から1週間以内に応答がない場合。

第7条【免責事項】
1.当団体は、本サービスに掲載されている全ての情報を慎重に作成し、また管理しますが、当団体に故意又は重過失がある場合を除き、その正確性、完全性、適用性及び有用性を保証しません。
2.当団体は、予告なしに、本サイトの運営を停止または中止し、また本サイトに掲載されている情報の全部または一部を変更する場合があります。当団体は、本サービスの存在、内容及び提供方法の永続性を保証しません。
3.ユーザーが本サービスを利用したこと、または何らかの原因によりこれをご利用できなかったことにより生じる一切の損害および第三者によるデータの書き込み、不正なアクセス、発言、メールの送信その他第三者の行為に起因してユーザーに等生じる一切の損害について、当団体は、当団体に故意又は重過失がある場合を除き、何ら責任を負いません。

第8条【サービス提供の停止】
当団体は、ユーザーが本規約に反する行為をした場合、当該ユーザーに対するサービスの提供を停止することができます。

第9条【損害賠償等】
1.ユーザーは、本規約に違反しその他自己の責めに帰すべき事由により当団体に損害を与えた場合、当団体に対し、当該損害を賠償するものとします。当団体は、当該損害が発生し、又はそのおそれがある場合、ユーザーに対し、その原因となる行為の差止めを請求することがあります。
2.ユーザーは、本サービスの利用により第三者に損害を与えた場合、又は第三者その間で苦情の申立て、訴訟の提起その他の紛争が生じた場合、自己の責任と費用でこれを解決するものとします。当団体は、当該紛争について、当団体に故意又は重過失がある場合を除き、一切の責任を負いません。

第10条【特例】
1.本サービスにおいては、本規約に基づき、特別の規定が別途定められている場合があります。
2.当団体の各サービスの説明のページに当規約と相反する規定があった場合は、各サービスの説明ページに記載してある定めが優先して適用されるものとします。

第11条【本規約の変更】
1.当団体は、本規約を予告なく変更できるものとします。
2.前項に基づき変更された本規約は、当団体が別途定める場合を除き、本サービス上に表示された時点から、その効力を生じるものとします。

第12条【本件規約の有効性】
1.本規約の一部が法令等に基づき無効と判断された場合であっても、その他の規定の有効性には影響しないものとします。
2.本規約の一部が、一部のユーザーとの関係で無効と判断され、又は取り消された場合であっても、その他のユーザーとの間の有効性には影響しないものとします。

第13条【準拠法及び裁判管轄】
1.本規約は日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。
2.本サービス又は本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

(附則) 本規約は、2015年4月1日より施行致します。 2015年3月29日制定